« ウエディング! | トップページ | ゴルフ場の近くには・・・。 »

2008年5月21日 (水)

ハワイの不動産事情

昨日、娘のウエディングパーティを開いたダイヤモンドヘッドグリルの支配人は、わたしの知人です。

彼が、日本にいらした頃、オフィスにも遊びにいらっしゃってくださって。

そんなこんなで、ハワイの不動産事情をお聞きしました。

アメリカでもNO1の不動産価格を誇っているハワイ。
サブプライムローンの影響もさほどなく、上がり続けているとか。

特に、ワイキキビーチの近くは、ニーズも高く、どんなに古い物件でも、価格が下がることはないそうです。

特に、最近上昇しているのが、ダイヤモンドヘット地区。

ハワイのビバリーヒルと言っていい位、高級住宅地だそうです。
一区画、4000,000$~5000,000$は、するようです。

郊外も、環境のいいところは、上がっているそうです。
住宅のニーズのなかにしめる環境の要素は、大きく、自然環境を買っているという意識も強いとか。

デズニーランド建設予定もあり、まだまだ、不動産高騰の流れは止まらないのでは、と。

一番いい投資は、やはり、賃貸物件を購入して、入居者にローンを払っていただくというもの。
まだまだ、キャピタルも生まれる環境なので、買って、貸して、上がったら、キャピタルをとるという手法が、今も、生きているという事です。

ただし、ローンに関しては、やはり、サブプライムローンの影響を受け、35%くらいの頭金をいれることになりそうとか。

であれば、やはり、ちょっと弱含みなのかなぁって気もしてきます。

アメリカ本土では、またまた、頭金5%ローンというものも登場。
再度、不動産市場に投資を呼び込もうというストーリーなのでしょうが・・・。

今買うなら、やっぱり、一度下げたところ、そして、実需の固いところを買いたいです。

でも、将来的には、やっぱり、リゾート。
ハワイにも、シェアリングハウスを作りたいなぁ。

|

« ウエディング! | トップページ | ゴルフ場の近くには・・・。 »

コメント


ハワイの不動産の好況は、オイルダラー、ロシアンダラー、チャイナダラーが支えているのではないでしょうか?

オイルダラーが崩れたときが、叩き売りのシーズンになるのではないでしょうか?

過剰な投機マネーがフロスとなるときが来るのでしょうか・・・・


投稿: Jiro | 2008年5月21日 (水) 22時43分

ハワイの不動産の好況は、世界のリゾートとして、オイルダラー、ロシアンダラー、チャイナダラーが支えているのではないでしょうか?

日本のバブルのときは、ハワイを買い占めそうな勢いだといわれたようですが、現在どのような人が投資しているかな。

オイルダラーが崩れたときが、叩き売りのシーズンになるのと思います。

過剰な投機マネーがフロスとなるときが来るのでしょうか・・・・

ハワイの不動産を有効に活用できるようになりたいですね!


投稿: Jiro | 2008年5月22日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124749/41276276

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイの不動産事情:

« ウエディング! | トップページ | ゴルフ場の近くには・・・。 »