« ロングバケーション | トップページ | 温暖化・ペット・ガソリン価格 »

2008年5月 9日 (金)

長期金利の上昇

キュリアス、借り換えをしようとしたら、長期金利が、先月より、ぐぐっと上がってしまって・・・。

銀行の担当者と、いろいろ話しました。

「よくないインフレですよね」

原価上昇によるインフレで、景気がいいわけではない。
インフレが進んでも、土地建物が上昇するとは限らない。

確かに、需要がないと価格の上昇はおこらないかも。

ただ、運用先としてのリアルエステートは、資産性のあるものに関しては、どんな時代も動きがあります。

今後は、二極化していくという予想の中で、投資物件の資産性をどう考えていくか、見極めの力がますます大切になっていくと思われます。

これを打っているさなか、取引のある他の銀行担当者から電話が。

金利上昇とは言うものの上げ幅は、まちまちの様子。

10年で、0.6%くらいの違いが出ています。

その銀行担当者とは、所有不動産を売却することのメリットとデメリットについて、意見交換を。

売り上げが落ちるというデメリットを補えかどうか?

そこが可能であれば、借入金のボリュームを小さくできるのは、今後のファイナンスにはプラスになっていくと考えられるとのこと。

売買が発生すること自体は、会社の場合、プラスになっていく要素も多いです。

金利上昇局面での物件の動き、気になるところです。

業者の抱えている物件で、持ちきれないものも出て来ていて、価格交渉ができるものも増えて来ています。

仕入れ価格をどこまで割っていけるかというような体力勝負。

見極めができれば、いい物件との出会いは、きっとあるはず。

楽しみな毎日です。

 
 


|

« ロングバケーション | トップページ | 温暖化・ペット・ガソリン価格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124749/41147976

この記事へのトラックバック一覧です: 長期金利の上昇:

« ロングバケーション | トップページ | 温暖化・ペット・ガソリン価格 »