« 金利を固定する? | トップページ | 疎開! »

2011年3月25日 (金)

フェイスツーフェイス

今日は、熊本から、お客さま。

わたしたちのハートハウスに、ラジオなどお送りくださった方が、訪ねてきて下さいました。

この方は、ベストオブザカーの審査員をなさっていたり、ゴルフの記事を書いていらっしゃったり、と、こんな時でなければ、趣味の話で盛り上がったと思う。

今回は、地震や、いろいろな災害について、ご意見を伺ったり、わたしたちのこと、お話ししたり。

でも、インターネットで知り合った方と、こんなにリアルに関われるなんて、嬉しかったです。

午後には、不動産関連のメーリングリストから、知り合った、ある会社に伺いました。

新宿にあるインターネットの関係の会社。

社長が、いわきのご出身で、震災直後から、支援物資を現地に送る活動をなさっています。

今日の夜、トラックが出るとのことで、わたしも、いろんなもの買い込んで、お届けに上がりました。

テレビで報道されていることと現地の状況には、温度差があるそうです。

欲しいもの、というのが、いまは、行政と行政が話しあって、届けている状況。

実際のニーズは、さまざまで、また、地域によって、時間によって、欲しいものも、変化していくとのこと。

いわきには、バスが、毎日5便出ているそうで、バスで、運ぶこともしているとか。

いま、一番望まれているものは、水分。
ウエットティッシュなど、清浄を保つためのもの。
新しい下着。

コンタクトレンズの清浄液なども、希望があったとか。

水がなく、温めるための燃料もないので、日持ちのするそのまま食べられる食べ物。

子どもたちのための物資は、意外に少ないとか。

わたしたちから、お届けしたかったのは、高齢者の受け入れできると言う情報。

いわきの災害本部とのコネクションもあり、現地に繋がりそうです。

受け入れは、介護の必要な高齢者と、その職員。
職員の方は、雇用します。

個別の通信手段は、まだないところもあるので、災害本部を通して、連絡していただけるかどうか、お話ししていただけそう。

もし、受け入れることになったら、バスを仕立てて、お迎えにいこうと思っています。

そして、着の身着のままのみなさんに、温かい第二のわが家を提供したいです。

義援金の振り込み、という支援の仕方も、いいと思う。

でも、同時に、顔の見える人と人が繋がっている実感のある支援活動も、していければいいと思う。

もし、いわきのこと、気にかけていらっしゃる方があれば、ご紹介させていただきますので、直接、現地のニーズをお聞きになって、手を差し伸べて下さい。

現地に行けるボランティアも、探しているようでした。

また、みなさまの空き室提供情報なども、ぜひ、お伝えくださると嬉しいです。

お問い合わせは、office@curiosu.com 大川原まで。

|

« 金利を固定する? | トップページ | 疎開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124749/51209666

この記事へのトラックバック一覧です: フェイスツーフェイス:

« 金利を固定する? | トップページ | 疎開! »