« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月22日 (金)

結婚願望!

すごく驚いた。

今日、テレビを見ていたら、震災後、結婚するひとがふえ、また、結婚願望もとても強まっているとのこと。

エンゲージリングの売り上げが急増していたり、結婚相談所の入会希望者が激増しているとのこと。

都内でも、帰宅難民になったり、また、計画停電があったり。

みんなでわいわい騒ぐ機会も減り、自宅で過ごす時間も増えた。

TVをかけると、被災地の様子が映し出される。

続きを読む "結婚願望!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

脱原発! と、いうこと。

「脱原発に向けて!」という昨日の記事に、ご意見をいただきありがとうございました。

こんな文章でも、読み手があり、わたしの言葉と、対話して下さる方があるということは、とっても嬉しいです。

このブログがきっかけで、お目にかかれた方もたくさんいらっしゃいます。

ブログは、日記であり、日記をこんなに一般大衆に公開しているなんて、昔は、考えもできなかったですよね。

日記だからこそ、その書き手の本音が現れる。
きっと人となりも。

続きを読む "脱原発! と、いうこと。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

脱原発に向けて!

わたしたちのする節電、もしくは、計画停電。

東電の後始末の尻拭いだと思うとやりきれなくなる。

節電をうながすために、電気料を値上げする、というのも、納得しにくい。

わたしたちに、原発に依存しない社会を作るため、節電せよ、と言うのであれば、納得する。

脱原発を、東電も、政府も、はっきり、表明してほしい。

続きを読む "脱原発に向けて!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

身近な人を抱きしめて!

普段、テレビを見る習慣のないキュリアス。

たぶん、震災後の一ヶ月で、 10年分くらいのテレビを見たと思う。

いま知りたいのは、原発の状況。

でも、日に日に、震災や、原発の情報は、少なくなって、日常のテレビ番組が多くなっていった。

わたしは、知りたい情報が偏っているので、他の番組は、興味がない。
というか、なんだか、とっても違和感がある。

こういう風に、日常は、戻っていくのかなぁって。

続きを読む "身近な人を抱きしめて!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

それぞれに、影を落として。

Oさんが、被災地から帰ってきて、いろんな話を聞いた。

「何も、できなかった。
本当に、これっぽっちも、できたことなんてないんだ」

テントにシュラフ、自分用の食料品に、水、最小限度の衣類。
それでも、背にずっしりとした重みになる。

深夜バスにのり、石巻の専修大キャンパスへ。

Oさんは、そこで、全国から来たボランティアと一緒に、瓦礫撤去に出かけた。

続きを読む "それぞれに、影を落として。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

デフレ脱却、景気上昇・・・。

災害地の今なおの困難をお見舞い申し上げます。

復旧、復興に関して、いろいろな見解が紙上をにぎわしています。

25兆円に上る復興資金。

プラス、原発の補償金は、10兆円を上回るだろうと。

これだけのお金が市場に流れだせば、DTPも、上昇し、長らく苦しめられてきたデフレスパイラルからの本格的な脱却にもなるだろうと考えられます。

原資の出所や、その支払い能力、そのための収入など、いろいろなアイデアも、出そろった感があります。

でも・・・。

続きを読む "デフレ脱却、景気上昇・・・。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

すべての企業が、ボランティア休暇を!

今日、余震が続いたので、Oさんのこと、心配していたところ、電話が繋がった。

昨日、今日と、石巻の瓦礫撤去をしているとのこと。

その被災地の宏大さは、現地に行って、想像を遥かにしのぐものだったそうです。

元々、タフなタイプなんだけど、顎を出しそうなくらい、一日中、働いているそうです。

まだ、水道も、ガスも、復旧していない場所にも、崩壊しなかった家屋のある方は、二階に暮らし続けていらっしゃるとか。

そんなところからの支援要請を受けて、一階の中に、流れ込んでいる瓦礫を取り除いているそうです。

続きを読む "すべての企業が、ボランティア休暇を!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

脱原発、という決断!

わたしたちは、原爆を投下された、たった一つの国。

長崎、広島の悲劇は、今なお、風化されることはない。

だからこそ、誓った、核の平和利用。

核兵器を作りうる技術を持ちながらも、自分で自分の力を封じ込めてきた。

不戦の誓い。

戦うことを放棄し、ある面、アメリカに依存し続けた日本という国。

独立国家としての証のひとつかもしれない軍事にも、手かせを自分で作り、守ってきた。

それがわたしたちの国、日本。

続きを読む "脱原発、という決断!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夢見る復興を!

ネガティブなブログが続いてしまったのかもしれません。

Oさんも、わたしも、いつも、思っていること。

「夢実現」、人は、夢に向かって歩いていく。

東北の未来に、どんな夢を見ていくのか、これから、漠然と、「元どおり」を取り戻すのではなく、強みを活かした、まちづくりをしていきたい。

いまこそ、強い、メッセージを持って、「未来へ向けた夢」を見るべきだと思う。

続きを読む "夢見る復興を!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

Oさんという人!

彼と出会ったのは、いまから、何年前だろう。

7年くらい経つのかなぁ。

わたしが、初めて不動産を買ってから、いろんな営業マンと、出会いがあった。

それぞれの人が、わたしの思いを聞き、いろんな不動産を紹介してくれた。

小さい不動産を3つくらい買った頃、ある物件を見に行った。

その担当者がOさんだった。

続きを読む "Oさんという人!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

時が篩をかけていく。

今日、息子が、九州から帰ってきた。
大学が始まるから。

久しぶりに、ごはんを炊き、食事を作った。
子どもたちは、一人で過ごしているわたしのことを心配していたようだ。

昨夜の大きな地震。
子どもを帰せなくなるか、とも心配した。

この子は、週一回の治療もあり、長期の疎開なら、治療の手当もしなくてはいけなくなる。

続きを読む "時が篩をかけていく。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

これからの日本経済の行方

最近、毎日通っている、接骨医の先生に、今日聞かれた。

「これからの経済状況は、どうなっていくんでしょうね」
って。

「原発次第かなぁ」

25兆円とも、それ+10兆円とも言われている復興費用。
これだけのお金が、原資はどこからかは別にしても、市場に流れ出れば、景気が上向く可能性だって当然ある。

適度な、円安も進み、貿易立国日本、追い風になるかも・・・、と、海外の市場関係社も、予測もあるのか、株価の下落は、まだ起こっていない。

でも、時限爆弾とも言える原発の今後。

続きを読む "これからの日本経済の行方"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

いまとともに未来!

ウォールストリート・ジーナルの記事

ぜひ、読んで下さい。

ここには、福島原発が、事故をどうして起こしたか、ということより、事故を想定していたりか、想定しリスクを回避するための手段を取ろうとしていたのかどうかを、「原子力事業者防災業務計画」を元に、検証しています。

東電幹部の言葉「こんな大災害は想定外だった」という一言で、すむことなのだろうか?

続きを読む "いまとともに未来!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

杞憂に終わればいいのだが・・・。

わたしのロスに住む友人から、震災に引き続き起こった原発事故直後に、届いたメール。

「きゅりさん、
とても心配しています。
いますぐにでも、そちらに行き、あなたを支えたいと思う」

彼は、政府機関に働いていて、その後すぐに、ワシントンに、飛んだようだ。

彼のメールは、こう続いた。

「いろいろなマスコミを鵜呑みにしてはいけない。
自分自身の判断で、自分を守るように」

そして・・・

続きを読む "杞憂に終わればいいのだが・・・。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

日常をとりもどせるか?

震災から、3週間、そんなに時間が経ったのか・・、とも思うし、まだ、一ヶ月もたっていないのか・・、とも驚く。

このブログの中で何度も書いたけど、もう、3.11以前の日常が戻ることはないとおもう。

きっと、アメリカの方が、9.11を永遠に、忘れないのと同じように。

人の記憶は、風化しがち。

悲しみも、苦しみも、忘れてしまいたくもある。

でも、忘れられない、忘れてはいけない記憶、というものも、存在すると思う。

続きを読む "日常をとりもどせるか? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

日本はおかしい!

これをみて!

なぜ?

いらだちを感じる。

続きを読む "日本はおかしい!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

京都へ母子疎開ご希望なら。

京都の旅行会社が、関東の妊婦や、小さい子どものいるお母さんたちに向けて、疎開の手配をする、というビジネスをはじめている。

京都のウィークリーマンションは、既にいっぱいだとか。

そんな中、ここを頼れば・・、ということらしい。

わたしも、九州の帰りに、京都に立ち寄り、ようすを調べたかった。

と、言うのも、わたしたちの持つ京都のマンションで、空き室が、3つある。

上賀茂神社に隣接している環境のいい物件。

建物は、古いけど、3LDK。

続きを読む "京都へ母子疎開ご希望なら。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからの不動産マーケットは? ・・・3

建物に関しても、いくつかのお話しを。

まず、旧耐震のものに対しての融資は、しないとのこと。
今後、売買は、難しくなる。

これは、一般住宅にも、及びそうだ。

その他、いくつかの検討課題を挙げてみたい。

まず、関東圏の計画停電に関する不動産への影響。

オール電化の不動産は、停電の間、不自由がます。

調理も、不可能になる。

続きを読む "これからの不動産マーケットは? ・・・3"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これからの不動産マーケットは? ・・・2

もの作り日本、というのを改めて実感するのは、東北地方にあったたくさんの工場。

世界のシェアを60%持っていたと言う部品などもあり、世界中の製造工程に、影響を与えているらしい。

そんな工場の中で、資金を提供すれば、素早い稼働が可能なところは、重点的に、復帰に向けてのサポートをすべきだと思う。

そこに、雇用が確保され、住民の定住も可能になっていく。

ただし、これも、原発の影響が、どの範囲に及んでいるのか、また、最悪、どこまで、影響を受けるのか、と言う情報が欲しい。

また、技術力があり、他のエリアでの操業が可能な業態であれば、思い切っての移転も、あるだろう。

続きを読む "これからの不動産マーケットは? ・・・2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからの不動産マーケットは?

今回の3.11。

大変な災害であったことは事実。

でも、この震災と、原発の問題は、一緒くたにしてはいけないと思う。

被災の種類も異なり、避難されている方々に対しての今後の対応も異なってくるだろう。

そんな中、今の時点で、知り得た情報をいくつか、お伝えしたいと思う。

まず、都内の不動産。

いろいろな動きが見えている。

続きを読む "これからの不動産マーケットは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »